【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

MENU

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

ビートパルプを使っていないキャットフードはたくさんあるので、ここではビートパルプを使っていないキャットフードメーカーをランキング形式でご紹介していきます。ビートパルプの危険性については「【危険?!】キャットフードに含まれるビートパルプの正体とは?」をご覧下さい。

 

 

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング【目次】

 

ビートパルプ不使用なキャットフードの選び方【3つのポイント】

セルロースが含まれていないものを選ぶ

セルロース(cellulose=細胞の糖)は植物に含まれる多糖類(炭水化物)です。地球上全ての植物に含まれている成分なのでキャットフードの原料となる野菜などにも含まれてます。

 

セルロースもビートパルプ同様に不溶性食物繊維です。キャットフードとしては野菜に含まれる量で充分で、ありわざわざキャットフードに添加する必要はありません。過剰な繊維質は便秘や腸を傷つける原因となります。

 

水溶性食物繊維が豊富な材料が多く入ったものを選ぶ

水溶性食物繊維は水に溶けるとドロドロになる繊維質で、腸内にいる善玉菌の餌となるだけでなく、腸の活動を活発化させ便通を良くしてくれます。

 

猫が食べられる食材で水溶性食物繊維が豊富なものだと皮付きのサツマイモやキウイ・海藻などです。大麦なども豊富ですが消化によくないのでしっかりと過熱調理が必要です。

 

一番手軽なのは猫草を与えるか、皮付きで蒸かしただけのサツマイモやカボチャを一切れ、おやつやトッピングにあげるだけでも良いでしょう。

 

穀物が含まれていないものを選ぶ

ビートバルプがダメ!セルロースもダメ!!となると、メーカーは穀物を使います。特に多いのが玄米や粗びき小麦などです。

 

確かに白米よりも玄米の方が糖の吸収が穏やかで、栄養素も豊富です。ただし穀物の外皮には不溶性の食物繊維が豊富に含まれている為、キャットフードに適した材料とは言えません。

 

ビートパルプ不使用なキャットフードの選び方早見表


ここではビートパルプ不使用なキャットフードを上記3つのポイントを元に比較表を作りました。

メーカー名

セルロースの有無

(〇=入ってない)

水溶性繊維が豊富な食材※

穀物不使用

(〇=入ってない)

カナガンキャットフード

サツマイモ(多め)

シンプリーキャットフード

サツマイモ(多め)

モグニャン

サツマイモ(多め)

ジャガーキャットフード

サツマイモ(少なめ)

ファインペッツキャットフード

大麦(多め)

×

ロイヤルカナン

サイエンスダイエット

×

トウモロコシ(多め)

×

ピュリナワン

×

トウモロコシ(多め)

×

アイムス

シーバ

トウモロコシ(多め)

×

ナチュラルチョイス

銀のスプーン

×

トウモロコシ(多め)

×

ねこ元気

×

トウモロコシ(多め)

×

カルカン

ファーストチョイス

オリジンキャットフード

豆類(少なめ)

アズミラ

玄米・小麦・大豆(多め)

×

アニモンダ

小麦(多め)

×

ソリッドゴールド

玄米

×

ドクターズダイエット

×

トウモロコシ(多め)

×

キャラットミックス

モンプチ

大豆(少なめ)

×

メディファス

×

トウモロコシ(多め)

×

アミ(Ami)

トウモロコシ(多め)

×

ロータス

玄米・大麦(多め)

×

ユーカヌバ

ザナベレ

ヤラー

グリーンピース(多め)

アーテミス

大麦(多め)

×

いなば

×

トウモロコシ・小麦(多め)

×

カークランド

玄米(多め)

×

※「多め」・「少なめ」は原材料欄に書かれている順番で判断しています。
※「ビートパルプ使用」のメーカーは「―」としています。

 

ビートパルプ不使用なおすすめのキャットフードランキング

モグニャンキャットフードの特徴

モグニャンキャットフードもビートパルプ・セルロース・穀物を不使用です。白身魚を63%使用し、さつまいもを多めに使っているので繊維質は3%になっています。材料的にも消化・吸収に優れる為、市販のキャットフードと比べるとうんちの量は少なめになります。カナガンやシンプリーと比べると脂質が16%と少なめなので、モグニャンを食べていて便秘になってしまうようなら1日1食だけティースプーン1杯のオリーブオイルをあげると、腸の中でうんちが滑り易くなるので便秘解消におすすめの方法です。今だけ【当サイト限定】で初回購入価格が半額になるキャンペーンを行っています。この機会に是非モグニャンキャットフードをお試し下さい。

価格 3,960円(1袋1.5kg)

【食べ比べ限定!!】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 完全無添加/高い消化吸収率/材料から徹底した品質検査を実施/お試し価格有り

カナガンキャットフードの特徴

カナガンキャットフードは「ビートパルプ不使用」・「セルロース不使用」・「さつまいもを多めに使用」・「穀物不使用」なキャットフードです。繊維質が1.5%と少ないように感じますが、猫は本来繊維質を取る食生活をしていない為、決して少ない訳ではありません。むしろ、穀物やビートパルプなどを使っていない分、消化・吸収率が高いのでうんちの量は少なくなります。もしカナガンを食べていて便秘気味になってしまうようなら皮付きで蒸かしただけのサツマイモやカボチャをおやつやトッピングにあげるのがおすすめです。

価格 3,960円(1袋1.5kg)
評価 評価4.5
備考 チキンを60%以上使用/完全無添加/穀物不使用で消化に優しい/徹底した品質管理/高たんぱくで脂質とのバランスも◎

シンプリーキャットフードの特徴

シンプリーキャットフードは「ビートパルプ不使用」・「セルロース不使用」・「さつまいもを多めに使用」・「穀物不使用」のキャットフードです。シンプリーも繊維質が1.5%と少なめですがノルウェー産サーモンを全体の73%も使用している為、肉食の猫にとっては非常に消化に良いフードになっています。サツマイモの他、オリゴ糖なども配合されているので腸の働きを活発にし、過剰な繊維質に頼らない便秘の解消効果が望めます。

価格 3,960円(1袋1.5kg)
評価 評価4
備考 グレインフリー/低カロリー/関節ケア/毛玉ケア/添加物・着色料・保存料・遺伝子組み換え原材料不使用/

オリジンキャットフードの特徴

オリジンキャットフードは肉と魚、野菜と果物だけで作られています。わざわざビートパルプやセルロースなどの繊維質を加えるようなことはしていません。もちろん、穀物も不使用です。肉食動物である猫にとって必要な食材だけを使ったシンプルなキャットフードです。ただ、肉や魚の使用量が多い分、値段も高いのが残念なところです。

価格 6,300円(1.8k)円
評価 評価3.5
備考 穀物不使用/無添加のキャットフード/ヒューマングレードの食材を使用/全年齢に対応

ヤラーキャットフードの特徴

ヤラーはオーガニックのペットフードメーカーです。食材の安心・安全という意味では、ヒューマングレード以上です。ただし、その分値段も高いです。ヤラーには穀物を使用したものもあり、おすすめできるのはグレインフリーのみです。「ビートパルプ不使用」という意味であれば、オーガニックにまでこだわる必要はないかな、というのが正直な印象です。

価格 9,180円(2.4k)円
評価 評価3
備考 オーガニック/穀物不使用/値段が高すぎる

 

ビートパルプ不使用のキャットフードで迷ったらコレ!

ビートパルプ不使用のキャットフードでモグニャンがおすすめの理由
  • 人間も食べられるヒューマングレードの食材を使用
  • 食物繊維は野菜や果物に含まれる分だけ
  • 人工添加物不使用
  • 仔猫からシニア猫まで食べられる
  • グレインフリー(穀物不使用)で消化に優しい

 

モグニャンキャットフードは「猫と飼い主の安心・安全」の為に開発したキャットフードです。その為、使われている食材は全てヒューマングレードで、猫にとって必要な食材だけを使用しています。

 

繊維質は便秘の解消や毛球症を予防してくれますが、多すぎると便秘や下痢・おならを増やします。常に高繊維のキャットフードを食べ続けるのは、猫本来の食性から外れてしまいます。

 

猫草を置いておけば、猫は自分で必要な分の繊維質を取ることができます。なのでビートパルプやセルロースを添加したフードを与えなくても、猫草を与えれば十分です。

 

毛球症や酷い便秘で、獣医から高繊維の療法食を処方されている場合は別ですが、健康な猫なら猫草とモグニャンで十分健康な状態を維持できますよ。

 

 

 

ビートパルプが入ったキャットフードってデメリットしかないの?

ここからはビートパルプが入ったキャットフードのメリットについてご紹介していきます。ビートパルプは当サイト内でも非推奨の食材ですが、デメリットばかりという訳でもありません。

 

ケンブリッジ大学が欧州8カ国・2万9千人以上を対象に11年かけて行った大規模な調査から、食物繊維の摂取量が多い人は少ない人に比べて2型糖尿病の発症率が18%低下することを明らかにしました。

 

Study adds to evidence that increasing dietary fiber reduces the risk of developing diabetes(欧州糖尿病学会 2015年5月26日)

 

猫はインスリン分泌量が減ったり、インスリンに対する感受性が低くなる2型の糖尿病が圧倒的に多いです。上記の調査は人間を対象に行ったものですが、ペットフードにおいても食物繊維が食後の血糖コントロールに期待ができると考えられています。

 

これは食物繊維が多い食材を食べると消化が緩やかになり、食後の急激な血糖値上昇を穏やかにする為です。また、食物繊維は胃で水分を吸収し膨らむので満腹感も得られやすいというメリットがあります。

 

ビートパルプ(不溶性繊維)はお腹の中で消化されず、腸内の便を集めて固めてくれるので慢性的にうんちが緩い子にあげると適度な硬さの便をするようになります。

 

上記だけを見ると、「ビートパルプが入っていた方が良いじゃん」と思ってしまいますよね?ですが一言にビートパルプと言っても品質で大きく2種類に分けられます。

 

高品質なビートパルプ

国内では北海道でのみ作られています。材料となる砂糖大根に圧力をかけて砂糖成分を絞りだし、残った絞りカスを洗浄・乾燥しヒト用にも使用される高品質なビートパルプ。(ヒト用は「ビートファイバー」と呼ばれる)

 

低品質なビートパルプ

主にアメリカ・中国で生産され、砂糖大根を化学薬液に漬けて砂糖成分を抽出し、残った繊維質を乾燥し飼料にします。圧力をかけるより低コストですが薬液が残っている可能性があります。

 

キャットフードに使われるビートパルプは元は飼料用の低品質なものがほとんどです。低品質なビートパルプのデメリットをまとめたのでそちらもご覧ください。

 

結局キャットフードにはビートパルプが入っていない方がいいの?

当サイトとしては基本的には不要と考えています。猫はもともと肉食動物です。牛肉・豚肉・鶏肉・魚などは血糖値を上げにくい食材です。

 

なのでわざわざビートパルプを加えてまで糖尿病を予防する必要はありません。逆に市販の安いキャットフードで大量に使われているトウモロコシ・米・小麦などは血糖値を上げやすい食材です。

 

つまり太り易く糖尿病のリスクも高い食材ということになります。これらを使わないグレインフリー(穀物不使用)のキャットフードの方がよほど糖尿病予防に効果的と言えるでしょう。

 

「うんちを固める」効果についても、確かに飼い主にとってはうんちの処理が楽になります。但しうんちは猫の健康を知る為に欠かせない判断材料です。

 

調子を崩したり消化不良を起こすと猫は下痢をします。それがビートパルプによってうんちが固まり易くなっている為、異変に気付きにくくなってしまいます。

 

会話で体調不良を伝えることができない訳ですから、手間を惜しまずにうんちの状態を常にチェックできるよう繊維質が多いキャットフードは避けるべきでしょう。

 

ただ、慢性的にうんちが緩くお尻がかぶれたり不衛生になってしまう場合には有効です。100%不要とは言えませんがメリット・デメリットを理解した上でとりたい食材と言えるでしょう。

 

最後に、当サイトとしては「食物繊維が不要」と言っている訳ではなく、果物や野菜に含まれる繊維質で充分であってわざわざビートパルプを添加する必要は無いという意味です。

 

ビートパルプ不使用の国産キャットフードでおすすめってある?

商品名

ビートパルプ

セルロース

穀物不使用

ねこはぐ

シェフキャット

×

デイリースタイル

×

文永堂

×

ヴィジョンズ

×

JPスタイル

×

×

×

ランフリー

×

無添加キャットフード安心

日本のみのり

メディファス

△(不使用もあり)

×

ビューティープロ

×

プロステージ

△(不使用もあり)

△(不使用もあり)

×

ドクターズケア

△(不使用もあり)

×

 

ビートパルプ不使用なキャットフードの選び方早見表」では、完全なグレインフリーかどうかを比較しましたが、国産メーカーに完全なグレインフリーのメーカーはありません。

 

とはいえ、「ねこはぐ」・「無添加キャットフード安心」・「日本のみのり」は、食物アレルギーのリスクが低い穀物を使用しています。

 

大手メーカーは総合栄養食なので、最低限の栄養を取れます。中小のペットフードメーカーで怖いのは、「素材にこだわっていても総合栄養食ではない」ものがあることです。

 

総合栄養食でないキャットフードを長期的に食べると、栄養の偏りから病気になるリスクがあります。ですが、ねこはぐはヒューマングレードの食材を使った総合栄養食なので、安心して食べさせられます。

 

 

 

ビートパルプ不使用で市販の安いキャットフードってどれがおすすめ?

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

ホームセンターで売っているレベルの市販キャットフードだと、どうしても「ビートパルプ」か「セルロース」を使用しています。つまり「安いフードや大手メーカーのフードほどビートパルプやセルロースを良く使う」とも言えます。

 

量販店ではあまり見かけませんが、安くてビートパルプ不使用のキャットフードだと「ソリッドゴールド」は比較的安くておすすめのキャットフードです。

 

市販のキャットフードを購入する場合、ビートパルプやセルロースよりも添加物や穀物の割合などを気にしましょう。その方が猫にとって健康的なフードを選択することができます。

 

詳しくは次のページをご覧ください。各メーカーの「危険な添加物」と「粗悪な食材」を減点方式で計算し、一覧表にまとめました。

 

>>「無添加で安全なキャットフードは?~30種類のフード成分徹底比較~」

 

ビートパルプ不使用でお試し・サンプルがあるキャットフードってない?

メーカー 容量 値段
ナチュラルバランス 30g×4個 756円
ネイチャーズバラエティ 30g×4 756円
アーテミス(フィーラインキャット) 50g 420円
ブリスミックス 60g 420円
アーテミス(オソピュアグレインフリー) 60g 420円
イティ(チキン&サーモン) 40g 756円
オリジン(フィット&トリム) 30g×5個 500円
ギャザー 50g 10円(+送料540円)
アルモネイチャー 20g 420円
オリジンキャットフード 30g×3 300円

 

上記は楽天市場で「サンプル お試し」と検索して出てきた中で「ビートパルプ不使用」の一覧です。サンプルの内容や在庫の有無が変わりやすいので、詳しくは楽天市場にて検索してみて下さい。

 

 

まとめ


ビートパルプやセルロースなどの高繊維フードは、「毛玉ケア」や「便秘ケア」・「肥満対策」などに使われることもあるので完全に悪とは言えません。ただ、特に必要としていない子が長期的に高繊維質のキャットフードを食べ続けることはおすすめできません。

 

どれもムダ毛のケアやフードの与え方などで対策ができます。頼らなければならないケースもありますが、高繊維のフードに頼らないケア方法も参考にしてみて下さい。

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

【ビートパルプ不使用!!】のおすすめキャットフードランキング