下痢気味の猫におすすめなキャットフード

MENU

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

下痢気味の猫におすすめなキャットフード


猫の下痢が治らない場合は病気の可能性もありますが、トイレに行った後も元気に走り回っているようならキャットフードに問題があるかもしれません。ここでは下痢気味の猫におすすめなキャットフードについて詳しくご紹介していきます。

 

 

下痢気味の猫におすすめなキャットフード【目次】

 

下痢気味の子にキャットフードを選ぶ際の【3つのポイント】

穀物の量は少ない方が良い

穀物は消化に悪く、食べられますがどちらかと言えば食べない方がよい食材です。しかし、市販のキャットフードではトウモロコシやコムギなど、穀物の中でも特に消化に悪い材料が「安上がり」という理由だけで使われています。

 

また、トウモロコシやコムギなどの穀物は食物アレルギーの原因にもなります。ほとんどは痒みなどの皮膚炎が多いんですが、中には食物アレルギーが原因で下痢になる子もいます。

 

脂質は少ない方が良い

脂質は猫にとって消化に良く、エネルギーに変換し易い食材です。ただし、多すぎる脂質は便を柔らかくし過ぎる原因になることもあります。もし慢性的に下痢が続くようなら脂質が少ないものに切り替えてみるもの良いでしょう。

 

人工添加物が少ないものを選ぶ

人工添加物(酸化防止剤・香料・着色料)によって下痢を起こしている場合もあります。添加物の多くは健康被害のリスクが確認されていても使われているものがあります。しかもペットフードはヒト用の加工食品の150倍もの基準値が決められている添加物もあります。

 

 

下痢の子用キャットフードの選び方早見表


上記で挙げた3つのポイントを踏まえた上で、実際にサイト内でレビューもしているフードの比較表を作ってみましたのでキャットフード選びの参考にしてみて下さい。

メーカー名

穀物の量

(少ない=◎)

脂質の量

(10~20%)

添加物

(少ない=◎)

カナガンキャットフード

20%

シンプリーキャットフード

20%

モグニャン

16%

ジャガーキャットフード

20%

ファインペッツキャットフード

21%以上

ロイヤルカナン

10%以上

〇(1種類使用)

サイエンスダイエット

6.5%~11%

ピュリナワン

13%以上

アイムス

13%~15.5%

シーバ

×

17%以上

〇(1種類使用)

ナチュラルチョイス

16%以上

銀のスプーン

×

14%以上

×(4種類使用)

ねこ元気

×

8.1%以上

×(4種類使用)

カルカン

×

10%以上

×(6種類使用)

ファーストチョイス

15%以上

オリジンキャットフード

20%以上

アズミラ

×

11%以上

アニモンダ

×

12%

ソリッドゴールド

12%

ドクターズダイエット

×

11%以上

キャラットミックス

×

8.1%以上

×(5種類使用)

モンプチ

×

16%以上

×(4種類使用)

メディファス

×

11%以上

アミ(Ami)

×

11.19%

ロータス

19%以上

ユーカヌバ

21%以上

ザナベレ

16%

ヤラー

14.5%

アーテミス

20%

いなば

×

8.5%以上

カークランド

20%以上

△(調味料?)

※1表は当サイトでレビューした商品を元に数値を入れてあります。
※2、4Dミール・副産物はペットフードメーカーが仕入れた段階で添加物が含まれている場合がありますが、仕入れた材料に添加物が使われていてもフードメーカーに表示義務はありません。

 

 

下痢気味の猫におすすめのキャットフードランキング

モグニャンキャットフードの特徴

モグニャンキャットフードは人口添加物不使用・穀物不使用です。脂質も16%と、グレインフリーの中では低めなのでお腹がゆるい子におすすめのキャットフードと言えます。もちろん使用している材料はヒューマングレードなので安全性もバッチリです。また、当サイト限定で初回購入価格が半額になるキャンペーンを実施中です。下痢が良くなるかは試してみないと分からない部分もあるので、モグニャンのようにお試し価格があるととても助かりますね。

価格 3,960円(1袋1.5kg)

【食べ比べ限定!!】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 完全無添加・高い消化吸収率・材料から徹底した品質検査を実施・お試し価格有り

カナガンキャットフードの特徴

脂質は20%と高いですが、使われている肉材料の割合(70%)や使われている材料など、猫の消化に悪いものは一切使っていない為、健康な猫であればカナガンに変えるだけでお腹の調子は良くなります。ただ、体質的に脂質が合わない子もいるのでその場合は脂質を10~15%程度に抑えたキャットフードに切り替えてあげると良いでよう。また、2種類のオリゴ糖を配合しているので腸内環境にも優しいフードです。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価4.5
備考 チキンを60%以上使用・完全無添加・穀物不使用で消化に優しい・徹底した品質管理・高たんぱくで脂質とのバランスも◎

シンプリーキャットフードの特徴

これまでは穀物が含まれていたんですが、2016年9月のリニューアルでグレインフリーに生まれ変わりました。そのおかげで穀物は完全に不使用になりました。ただ脂質は20%となっています。一般的な猫なら良いんですが、体質的に脂質を苦手とするこの場合、脂質の割合が10~15%くらいのものに切り替えてあげると良くなることがあります。シンプリーもオリゴ糖配合で腸内環境を整えてくれます。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価4
備考 魚を全体の73%も使用・完全無添加・低脂質でヘルシー・グルコサミンとコンドロイチン配合・オリゴ糖配合

ヤラーキャットフードの特徴

ヤラーは1種類だけですが、当サイトでもレビューしているグレインフリーシリーズがあります。正直、かなり値段が高いんですが脂質も14.5%と程良く、オーガニックのキャットフードメーカーなので、添加物だけでなく、材料の農薬などの心配がいりません。「猫の下痢の為なら金額は気にしない」という方は試してみてはどうでしょうか。但し、基本的には穀物入りなので、下痢気味の子に購入する時はグレインフリーを選んであげましょう。

価格 3,456(800g)円
評価 評価3.5
備考 オーガニックのキャットフードメーカー/脂質も高すぎない/グレインフリーあり

アーテミスキャットフードの特徴

アーテミスも基本的には穀物を使用したメーカーです。ですが、「オソピュアグレインフリー」という穀物不使用のフードがあります。高たんぱくで脂質も18%以上です。アーテミスは人口添加物不使用で、ヒューマングレードの食材をを使用することでも有名です。アーテミスは2種類だけですが、穀物入りもあります。下痢気味の子にはグレインフリーを選んであげましょう。

価格 4,365円(1袋1.8㎏)
評価 評価3
備考 ヒューマングレードの食材を使用/人口添加物不使用/グレインフリーあり

下痢気味の猫のキャットフード選びで迷ったらおすすめはコレ!

下痢気味の猫にモグニャンがおすすめな理由
  • 人間も食べられる高品質な白身魚を使用
  • グレインフリー(穀物不使用)でお腹に優しい
  • 脂質が16%と高すぎない
  • 香料・着色料不使用で安心
  • 初回半額で試しやすい

 

モグニャンキャットフードは高品質な白身魚を使い、グレインフリーで作られています。グレインフリーだと肉や魚の割合が増えるのでどうしても脂質が多めになりますが、モグニャンは16%と高すぎないので下痢・軟便気味の子におすすめです。

 

着色料や香料などの添加物は不使用です。酸化防止にはミックストコフェロール(ビタミン)を使い、健康リスクのある添加物を使っていません。また、初回限定ですが半額で試すことができます。

 

下痢・軟便の原因はたくさんある為、モグニャンは「下痢が良くなるかわらない」・「気に入って食べてくれるか分からない」猫におすすめのキャットフードと言えます。

 

 

 

猫が下痢をしたらどう対策したらいい?原因は?

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

一言に下痢といっても、原因や対策は様々です。猫の下痢は珍しいことではありませんが、実は重い病気の症状として下痢を起こしている可能性もあります。

 

素人判断で「たかが下痢」と軽く見てしまうのは少し軽率です。「猫が下痢をする原因と対策方法」では猫の下痢の原因と対策だけでなく、病院へ連れていく判断基準や注意点もまとめました。

 

猫は病院に対してストレスを感じやすい生き物です。病院に連れていくべきか判断ができない方の為に、「獣医に電話で相談する時のポイント」もまとめました。愛猫が下痢・軟便で悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

 

下痢気味な猫にビオフェルミンなどのサプリメントをあげて平気?

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

「下痢気味の猫にビオフェルミンをあげて良くなった」といった口コミを見かけます。薬局でも買える「新ビオフェルミンS」なら猫に与えても問題ありません。実際、動物病院でも「ビオフェルミンR」を処方されたりします。

 

「S」と「R」の違いは「抗生剤と使っても効果があるか」なので、気にする必要はありません。ただ、下痢の原因が寄生虫や病気の場合もあります。

 

原因によって下痢を出し切った方が良いのか、下痢止めを使った方が良いのかも変わってきます。慢性的な下痢症で獣医の指導の元、あげるなら良いかもしれませんが、素人判断で与えるのはおすすめできません。

 

病院へ行った方が良い下痢の症状一覧」を参考に、病院へいくべきか判断してみましょう。

 

下痢気味の猫に大切なキャットフードの切り替え方

切り替え日数

新しいフード

今まで食べていたフード

初日

10%

90%

2日目

20%

80%

9日目

90%

10%

10日目

100%

0%

 

下痢・軟便に良いフードであっても、急に切り替えるのは良くありません。これは、キャットフードの材料によって腸内の細菌バランスが変わる為だと考えられています。

 

上記も共に10日~2週間程度を目安に、少しずつ新しいフードに切り替えてあげましょう。もし完全に切り替わる前に下痢・軟便になってしまった場合、また旧フードの割合を100%にして始めます。

 

2回目の切り替え時は、切り替え期間を延ばし3~4週間かけて少しずつ切り替えてみましょう。それでも下痢・軟便になってしまう場合は、キャットフードが合っていないことが考えられます。

 

添加物や穀物に限らず、メインの肉や魚にアレルギーがあったり、食物不耐性(アレルギーではないけど消化を苦手とする食べ物)の場合が考えられます。

 

ロイヤルカナンやヒルズから出ている、科学的に消化性を高めた療法食なら下痢が良くなるかもしれません。ただ、療法食は獣医の指導の元あげましょう。

 

まとめ


下痢気味な猫におすすめのキャットフードと選び方をご紹介しました。下痢や軟便は健康な猫でも起こるので、つい安易に考えてしまいます。ですが、病気や寄生虫が原因の場合もあります。

 

また、原因によって対策方法も変わります。素人判断でビオフェルミンやサプリメントを与えるのではなく、まずは病院で検査を受けることをおすすめします。

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

下痢気味の猫におすすめなキャットフード

関連ページ

猫のくしゃみ・鼻水・咳の対策におすすめなキャットフード
猫のくしゃみ・鼻水・咳って何が原因か知っていますか?ここではくしゃみ・鼻水・咳などの症状に悩まされている猫の為に、おすすめなキャットフードと対策方法をご紹介していきます。
血便の猫におすすめなキャットフード
血便が出てしまった場合、まずは症状を良く見てから動物病院へ相談・連れていってあげましょう。ここでは猫の消化に優しいおすすめキャットフードをご紹介していきます。
便秘気味の猫におすすめなキャットフード
猫の便秘には色々な原因がありますが、最近はキャットフードが原因で便秘気味になる猫が多いようです。ここでは便秘気味な子におすすめのキャットフードをご紹介していきます。
猫の尿路結石の予防におすすめなキャットフード
猫の尿路結石を予防するには高たんぱくなキャットフードがおすすめです。ここではそんな高たんぱくなおすすめキャットフードをご紹介していきます。フードだけでなく普段の生活(水分摂取量)も気をつけてあげましょうね。
毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード
毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフードってどんなフードだと思いますか?毛玉を吐くことは猫にとって生理現象なので心配する必要はありません。むしろご飯を吐いてしまう子は注意が必要です。この記事を読んで猫の消化に良いキャットフードを選んであげましょう。