肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

MENU

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

ここでは肥満・太りぎみの猫用におすすめのキャットフードと選ぶ際のポイントについて詳しくご紹介していきます。市販のキャットフードを食べている猫が太る原因は穀物に含まれる【糖質】です。

 

猫は完全な肉食動物なので、必要とする栄養素の多くは肉に含まれています。穀物は食べられますが、必要な食べ物ではありません。市販のキャットフードは肉と比べて安上がりな穀物ばかりを使ったフードがほとんどです。

 

「表面上の数値(カロリー)だけを下げてダイエットにおすすめ」として売り出していますが、肉食動物である猫にはもっと効果的なダイエット方法があるんです。

 

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード【目次】

 

肥満・太りぎみの猫用キャットフードを選ぶ【3つのポイント!!】

動物性の肉材料が沢山使われている

穀物が出来るだけ少なく、肉材料が沢山使われたキャットフードを選んであげましょう。肉材料の割合が多くなればそれだけ「成分表」に書かれている栄養素を吸収することが出来ます。

 

逆に穀物が沢山使われたキャットフードを食べても、「成分表」に書かれた数値は穀物に含まれる栄養素の割合が多く、猫はそのほとんどを吸収することが出来ず慢性的な栄養不足になる可能性が出てきます。ただし、肉材料の割合が多くなると割高になるというデメリットもあります。

 

正しいダイエット食は「脂質」が多い!?

市販のダイエットキャットフードで多いのが「脂質カットでヘルシー」というような内容のものですが、これは間違ったダイエット食です。猫は脂質の少ないキャットフードをいくら食べても満腹感を感じず、食べすぎてしまい太るという悪循環になります。

 

肉食の猫にとって「脂質」はもっとも消化・吸収し易く、短時間でエネルギーに代え易い優れた栄養素なんです。なので脂質の割合が増えれば満腹感を得やすく、穀物に含まれる糖質や炭水化物が減るので理想的な食事になります。

 

減量に理想なたんぱく質・脂質の割合とは!?

たんぱく質と脂質は「たんぱく質3:脂質2」が理想的と言えます。また、たんぱく質は100g当たり30%は欲しいところです。

 

こういった高たんぱく・高脂質は実は猫にとっては消化・吸収が良く早い段階で満腹になります。無駄な過食を防止できる他、エネルギーにもなりやすいので非常にダイエットに向いています。また、過食を予防できるのでガッツイて食べて後で吐き戻す子にもおすすめです。

 

 

おすすめキャットフード比較


上記で挙げた3つのポイントを踏まえた上で、実際にサイト内でレビューもしているフードの比較表を作ってみましたのでキャットフード選びの参考にしてみて下さい。

メーカー名

動物性たんぱく質

多い=◎)

脂質の量

(多い=◎)

たんぱく質と脂質の量(※1)

カナガンキャットフード

37% : 20%

シンプリーキャットフード

37% : 20%

モグニャン

30% : 16%

ジャガーキャットフード

40% : 20%

ファインペッツキャットフード

32% : 21%

ロイヤルカナン

〇(※3)

×

32% : 10%

サイエンスダイエット

〇(※3)

×

29% : 6.5%

ピュリナワン

〇(※2)

×

40% : 13%

アイムス

〇(※3)

×

32% : 13%

シーバ

×(※2)

30% : 17%

ナチュラルチョイス

33% : 16%

銀のスプーン

×

30% : 14%

ねこ元気

×

29% : 8.1%

カルカン

28% : 18%

ファーストチョイス

〇(※3)

30% : 15%

オリジンキャットフード

42% : 20%

アズミラ

×

30% : 11%

アニモンダ

32% : 12%

ソリッドゴールド

34% : 12%

ドクターズダイエット

×

31% : 11%

キャラットミックス

×

×

23.4% : 8.1%

モンプチ

×

×

32% : 16%

メディファス

×

×

28% : 11%

アミ(Ami)

×

×

33.2% : 11.19%

ロータス

35% : 19%

ユーカヌバ

34% : 21%

ザナベレ

31% : 16%

ヤラー

32% : 14.5%

アーテミス

30% : 20%

いなば

×

×

28% : 8.5%

カークランド

30% : 20%

※1、たんぱく質と脂質の量は当サイトでレビューをした商品の数値です。
※2、副産物や4Dミールは肉以外の材料が含まれているので消化・吸収に悪く、ダイエットにはおすすめできません。
※3、肉材料を多く使っていそうに見せていますが、実際は穀物の方が多いのを隠そうとしているメーカーです。

 

 

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフードランキング

カナガンキャットフードの特徴

人工添加物を一切使わず、高たんぱく・高脂質なプレミアムキャットフード。チキンを全体の60%以上も使っている(動物性の肉材料としては70%)ので、猫が早めに満足感を得られます。また、穀物の代わりにサツマイモを使っている為、腹持がよく血糖値が上がりにくいので太りにくい(ダイエット効果)キャットフードです。健康的・効果的にダイエットするのに最もおすすめなキャットフード。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価5
備考 チキンを60%以上使用/完全無添加/穀物不使用で消化に優しい/徹底した品質管理/高たんぱくで脂質とのバランスも◎

シンプリーキャットフードの特徴

たんぱく質37%、脂質20%、エネルギー380kcalと、高たんぱく・高脂質でありながらヘルシーなキャットフードに生まれ変わったシンプリーキャットフードは肥満・太り気味の子にもおすすめできます。グレインフリーになったことで消化しにくい(猫が太りやすい)穀物などの炭水化物がカットされ、エネルギーに変わりやすい肉材料の割合が増えている為おすすめ。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価45
備考 スコットランド産サーモンの他魚を全体の73%以上使用した贅沢な一袋

ジャガーキャットフードの特徴

ジャガーはとにかく高たんぱく!肉材料を80%以上使い、たんぱく質の割合は40%です。高たんぱくなフードは猫が満腹感を得られやすく、自然と食べ過ぎを抑制してくれます。またサツマイモを使用している為、低GI値で腹持ちが良いのも特徴です。若干割高なのが残念!食べるのに時間がかかるように、食べにくいお皿などを使うと満腹感を得られてダイエット効果が高いです。

価格 4,280円(1袋1.5kg)
評価 評価4
備考 子猫~シニアまで対応/高たんぱくで尿結石を予防/アレルギー対応/人口添加物不使用/材料はヒューマングレード

オリジンキャットフードの特徴

オリジンキャットフードはとにかく肉と魚の使用量が多いです。その量は全体の90%!消化・吸収率も高いので肥満気味の子も早めに満腹感を得られます。かなり高価なキャットフードなので、突起が付いた食べにくいお皿を使ったり、お行儀が悪いですが遠くに投げて時間をかけて食べさせると満腹感を得られやすいです。嗜好性も高いので金銭的に余裕があれば試してみて下さい。

価格 6,300円(1.8kgの定価)
評価 評価3.5
備考 グレインフリー/90%に肉と魚を使用/超高たんぱく&高脂質

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

ロータスキャットフードの特徴

ロータスには「ローファット」という肥満・太りぎみの猫向けのキャットフードがあります。ただ、当サイトとしてはたんぱく質・脂質の割合が高い通常の「チキンレシピ」を時間をかけながらあげることをおすすめします。少し穀物が入っていますが、人口添加物不使用ですし、高品質の食材を使った安全なキャットフードです。

価格 950円(300g入り)
評価 評価3
備考 人口添加物不使用/オーブンベイク製法/ヒューマングレードの材料を使用

 

肥満・太りぎみの猫におすすめのダイエットキャットフードはコレ!

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

カナガンキャットフードがダイエットにおすすめな理由
  • 高たんぱく・高脂質で満腹感を得やすい
  • 穀物の代わりに使っているサツマイモは血糖値が上がりにくい
  • 安心安全な人口添加物不使用
  • グレインフリーで消化に優しい
  • 人も食べられるヒューマングレードの材料を使用
  • 低炭水化物(低糖質・ローカーボ)

 

カナガンキャットフードは高たんぱく・高脂質なので低炭水化物な作りになっています。猫にとって炭水化物は重要な栄養素ではありません。余計なカロリーとなるので低い方がベストです。

 

また、カナガンに使われているサツマイモは低GIで、血糖値を上げにくいので肥満や太りぎみの子におすすめの食材です。オリジンやジャガーと比べれば安い方ですが、それでも高いです。

 

ご飯をガッツいて食べる子には、「食べにくいように突起が付いたお皿」や、「中にキャットフードを入れて、転がすとフードが出てくるおもちゃ」を使い、時間をかけて食べさせましょう。

 

脂質の割合も高いので、時間をかけて食べさせることで満腹中枢が上がり食べすぎを防げます。腸内環境が整った子なら、カナガンのような栄養価の高いフードをあげると自分から食べる量を調節します。

 

腸内環境が悪く、消化に時間がかかる子はカナガンに限らず食べすぎてしまう傾向にあります。そういう子にはしっかりと計量して1日に必要な分をあげて下さいね。

 

 

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

 

肥満・太りぎみの猫におすすめの無添加キャットフードはどれ?

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

先の比較表の中で、「カークランド」・「シーバ」・「ロイヤルカナン」・「モンプチ」・「銀のスプーン」・「ねこ元気」・「カルカン」・「キャラットミックス」以外は人口添加物を使用していません。

 

他のメーカーは健康リスクがある人口添加物を使っていないので、肥満・太りぎみの猫用キャットフードを選ぶ【3つのポイント!!】を元に高たんぱく・高脂質なフードを探すと良いでしょう。

 

添加物に限らず、穀物など消化に望ましくない材料を使っているメーカーもあります。添加物と材料で安全なキャットフードを30社から比較したので、次のページも参考にしてみて下さい。

 

>>無添加で安全なキャットフードは?~30種類のフード分析徹底比較~

 

 

肥満・太りぎみの猫におすすめの国産キャットフードが知りたい!

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

【無添加!!】国産のおすすめキャットフードランキング」を見て頂きたいんですが、国産のキャットフードメーカーはほとんど穀物を使用しています。また、材料の安全性も不透明です。

 

猫は穀物を食べられない訳ではありませんが、消化の面ではプラスの材料ではありません。また、炭水化物(糖質)は肥満の原因になることで最近ではローカーボ(低炭水化物)ダイエットも流行っていますよね。

 

唯一「ねこはぐ」は食物アレルギーのリスクが低い穀物を使っています。ただ、たんぱく質も脂質も特別高い訳ではありません。なので現時点で、国産でダイエットにおすすめできるキャットフードはありません。

 

 

肥満・太りぎみの猫におすすめの安い市販キャットフードを教えて!

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

流石に、ホームセンターで1㎏千円以下買えるものでおすすめはありません。ただ、比較的安いフードの中では「ピュリナワン」と「ニュートロのナチュラルチョイス」がおすすめです。

 

ピュリナワンには最近、グレインフリー(穀物不使用)シリーズが追加されました。おすすめは「白身魚」の方で、少し脂質は低めですがカロリーも低めです。ダイエットが必要だけど、量を食べたい子におすすめなキャットフードです。

 

また、ナチュラルチョイスの「避妊・去勢猫用 エイジングケア 白身魚」も高たんぱくでカロリーが控えめになっているので、肥満や太りぎみを解消したい子におすすめのキャットフードです。

 

まとめ


猫本来の食事に近い、高たんぱく・高脂質なフードは猫が満腹感を得られやすいです。ただ、中には食い意地が張っていて高たんぱく・高脂質なフードを食べすぎてしまう子もいます。

 

高たんぱく・高脂質なフードにしたけど食べる量が変わらず太ってしまう場合は、ロイヤルカナンやヒルズから出ている、繊維質が多めのダイエットフードを試してみましょう。

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード