肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

MENU

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

市販のキャットフードを食べている猫が太る原因は穀物に含まれる【糖質】です。猫は完全な肉食動物なので、必要とする栄養素の多くは肉に含まれています。穀物は食べられますが、必要な食べ物ではありません。

 

市販のキャットフードは肉と比べて安上がりな穀物ばかりを使ったフードが多く、「表面上の数値(カロリー)だけを下げてダイエットにおすすめ」として売り出していますが、肉食動物である猫にはもっと効果的なダイエット方法があるんです。

 

ここでは肥満・太りぎみの猫用におすすめのキャットフードと選ぶ際のポイントについて詳しくご紹介していきます。

 

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード【目次】

 

肥満・太りぎみの猫用キャットフードを選ぶ【3つのポイント!!】

動物性の肉材料が沢山使われている

穀物が出来るだけ少なく、肉材料が沢山使われたキャットフードを選んであげましょう。肉材料の割合が多くなればそれだけ「成分表」に書かれている栄養素を吸収することが出来ます。

 

逆に穀物が沢山使われたキャットフードを食べても、「成分表」に書かれた数値は穀物に含まれる栄養素の割合が多く、猫はそのほとんどを吸収することが出来ず慢性的な栄養不足になります。

 

正しいダイエット食は「脂質」が多い!?

市販のダイエットキャットフードで多いのが「脂質カットでヘルシー」というような内容のものですが、これは間違ったダイエット食です。

 

猫は脂質の少ないキャットフードをいくら食べても満腹感を感じず、食べすぎてしまい太るという悪循環になります。肉食の猫にとって「脂質」はもっとも消化・吸収し易く、エネルギーに代え易い優れた食材なんです。

 

減量に理想なたんぱく質・脂質の割合とは!?

たんぱく質と脂質は「たんぱく質3:脂質2」が理想的と言えます。また、たんぱく質は100g当たり30%は欲しいところです。

 

こういった高たんぱく・高脂質は実は猫にとっては消化・吸収が良く早い段階で満腹になり、無駄な過食を防止できる他、エネルギーにもなりやすいので非常にダイエットに向いています。また、過食を予防できるのでガッツイて食べて後で吐き戻す子にもおすすめです。

 

 

おすすめキャットフード比較


上記で挙げた3つのポイントを踏まえた上で、実際にサイト内でレビューもしているフードの比較表を作ってみましたのでキャットフード選びの参考にしてみて下さい。

メーカー名

動物性たんぱく質

多い=◎)

脂質の量

(多い=◎)

たんぱく質と脂質の量(※1)

カナガン

37% : 20%

シンプリー

37% : 20%

モグニャン

30% : 16%

ジャガー

40% : 20%

ファインペッツ

32% : 21%

ロイヤルカナン

〇(※3)

×

32% : 10%

サイエンスダイエット

〇(※3)

×

29% : 6.5%

ピュリナワン

〇(※2)

×

40% : 13%

アイムス

〇(※3)

×

32% : 13%

シーバ

×(※2)

30% : 17%

ナチュラルチョイス

37% : 20%

銀のスプーン

×

30% : 14%

ねこ元気

×

29% : 8.1%

カルカン

28% : 18%

ファーストチョイス

〇(※3)

30% : 15%

オリジン

42% : 20%

アズミラ

×

30% : 11%

アニモンダ

32% : 12%

ソリッドゴールド

34% : 12%

ドクターズダイエット

×

31% : 11%

キャラットミックス

×

×

23.4% : 8.1%

モンプチ

×

×

32% : 16%

メディファス

×

×

28% : 11%

アミ(Ami)

×

×

33.2% : 11.19%

ロータス

35% : 19%

ユーカヌバ

34% : 21%

ザナベレ

31% : 16%

ヤラー

32% : 14.5%

アーテミス

30% : 20%

いなば

×

×

28% : 8.5%

カークランド

30% : 20%

※1、たんぱく質と脂質の量は当サイトでレビューをした商品の数値です。
※2、副産物や4Dミールは肉以外の材料が含まれているので消化・吸収に悪く、ダイエットにはおすすめできません。
※3、肉材料を多く使っていそうに見せていますが、実際は穀物の方が多いのを隠そうとしているメーカーです。

 

 

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフードランキング

カナガンキャットフードの特徴

人工添加物を一切使わず、高たんぱく・高脂質なプレミアムキャットフード。チキンを全体の60%以上も使っている(動物性の肉材料としては70%)ので、猫が早めに満足感を得られます。また、穀物の代わりにサツマイモを使っている為、腹持ちもよくダイエット効果がある。健康的・効果的にダイエットするのに最もおすすめなキャットフード。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価5
備考 チキンを60%以上使用・完全無添加・穀物不使用で消化に優しい・徹底した品質管理・高たんぱくで脂質とのバランスも◎

 

シンプリーキャットフードの特徴

たんぱく質37%、脂質20%、エネルギー380kcalと、高たんぱく・高脂質でありながらヘルシーなキャットフードに生まれ変わったシンプリーキャットフードは肥満・太り気味の子にもおすすめできます。グレインフリーになったことで消化しにくい(猫が太りやすい)穀物などの炭水化物がカットされ、エネルギーに変わりやすい肉材料の割合が増えている為おすすめ。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価45
備考 スコットランド産サーモンの他魚を全体の73%以上使用した贅沢な一袋

 

ジャガーの特徴

ジャガーはとにかく高たんぱく!肉材料を80%以上使い、たんぱく質の割合は40%です。高たんぱくなフードは猫が満腹感を得られやすく、自然と食べ過ぎを抑制してくれます。またサツマイモを使用している為、低GI値で腹持ちが良いのも特徴です。若干割高なのが残念!

価格 4,280円(1袋1.5kg)
評価 評価4
備考 子猫~シニアまで対応/高たんぱくで尿結石を予防/アレルギー対応/人口添加物不使用/材料はヒューマングレード

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

肥満・太りぎみの猫用おすすめキャットフード