毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

MENU

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

毛玉を吐くこと自体は猫にとって正常な働きなので、わざわざキャットフードで予防する必要は無く、むしろ毛玉を吐きたくても吐けないことの方が問題となります。ここでは毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフードの選び方やおすすめのキャットフードについて詳しくご紹介していきます。

 

 

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード【目次】

 

毛玉や食べ物を吐く子におすすめなキャットフードの選び方【3つのポイント】


毛玉を吐くこと自体は問題では無い(むしろ毛玉を吐きたいのに吐けない方が深刻です)為、ここでは主に食べ物を吐いてしまう場合のキャットフード選びについてご紹介していきます。

 

脂質の量は適正か

脂質は成猫で15~20%程度が適正と言われていますが、やはり年齢やその子の体質によっては多すぎることもあります。10~20%の間で少しずつ脂質の少ないものに切り替えてあげると吐き戻しが収まることがあります。

 

アレルゲンが少ないものを選ぶ

ご飯を食べた後に定期的に吐き出すようなら、食物アレルギーの可能性があります。特に穀物類は猫にとって消化が難しく、アレルゲンになりやすい食材です。

 

カナガンやナチュラルチョイスのように「グレインフリー(穀物不使用)」のものを選ぶか、ロイヤルカナンやサイエンスダイエットが出しているようなたんぱく質を予め消化しやすくしてあるフードのどちらかを選びます。

 

肉材料を沢山使った高たんぱくなフードを選ぶ

高品質な肉材料を使った高たんぱくなフードをあげることで、消化・吸収が早く、食べながら満腹感を得られるので必要以上に食べなくなります。その為、がっついた後にお腹の中で膨らんで吐き出すことが減ります。

 

 

毛玉や食べ物を吐く猫用キャットフードの選び方早見表


上記で挙げた3つのポイントを踏まえた上で、実際にサイト内でレビューもしているフードの比較表を作ってみましたのでキャットフード選びの参考にしてみて下さい。

メーカー名

脂質の量

(10~20%)

穀物不使用

肉材料の割合と

たんぱく質の量

カナガンキャットフード

20%

肉材料:70%以上

たんぱく質:37%

シンプリーキャットフード

20%

魚が73%以上

たんぱく質:37%

モグニャン

16%

魚が63%以上

たんぱく質:30%

ジャガーキャットフード

20%

肉材料:80%以上

たんぱく質:40%

ファインペッツキャットフード

21%以上

×

不明

たんぱく質:32%以上

ロイヤルカナン

10%以上

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:32%以上

サイエンスダイエット

6.5~11%

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:29%以上

ピュリナワン

13%以上

×

不明

たんぱく質:40%以上

アイムス

13%~15.5%

×

不明

たんぱく質:32%以上

シーバ

17%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

ナチュラルチョイス

16%以上

グレインフリー有り

不明

たんぱく質:33%以上

銀のスプーン

14%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

ねこ元気

8.1%以上

×

不明

たんぱく質:29%以上

カルカン

10%以上

×

不明

たんぱく質:28%以上

ファーストチョイス

15%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

オリジンキャットフード

20%以上

肉と魚90%

たんぱく質:40%以上

アズミラ

11%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

アニモンダ

12%

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:32%

ソリッドゴールド

12%

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:34%以上

ドクターズダイエット

11%以上

×

不明

たんぱく質:31%以上

キャラットミックス

8.1%以上

×

不明

たんぱく質:23.4%以上

モンプチ

16%以上

×

不明

たんぱく質:32%以上

メディファス

11%以上

×

不明

たんぱく質:28%以上

アミ(Ami)

11.19%

×

不明

たんぱく質:33.2%以上

ロータス

19%以上

×

不明

たんぱく質:35%以上

ユーカヌバ

21%以上

×

不明

たんぱく質:34%以上

ザナベレ

16%

×

20%以上

たんぱく質:31%

ヤラー

14.5%

グレインフリー有り

不明

たんぱく質:32%

アーテミス

20%以上

グレインフリー有り

不明

たんぱく質:30%

いなば

8.5%以上

×

不明

たんぱく質:28%以上

カークランド

20%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

※カナガンとシンプリー以外は肉食材をどれだけ使っているかの表記がありません。

 

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめのキャットフードランキング

モグニャンキャットフードの特徴

モグニャンキャットフードは人口添加物不使用・穀物不使用・白身魚がメインのキャットフードです。モグニャンは白身魚の使用量が63%でオリジンやジャガーと比べると決して使用量が多いとは言えません。ですが「食べてくれるかもわからない」し「吐くのが収まるかもわからない」中で、あまり高価なフードを試すのは難しいです。そこで当サイト限定で初回購入価格が半額になるキャンペーンを実施中です。体質的に合う・合わないは試してみないと分からないことが多いです。お得なお試し価格になっているのでぜひこの機会にモグニャンを試してみて下さい。

価格 3,960円(1袋1.5kg)

【食べ比べ限定!!】上記金額から50%OFFキャンペーン中

評価 評価5
備考 完全無添加・高い消化吸収率・材料から徹底した品質検査を実施・お試し価格有り

オリジンキャットフードの特徴

オリジンキャットフードは穀物不使用で肉と魚が全体の90%を占める超贅沢なキャットフードです。その為、脂質も20%と高めなので良く吐き戻す子は様子を見ながら、少量から切り替えてあげると良いでしょう。材料の質や割合については文句なしですが、とにかく価格が高いので続けるのが難しいのが難点です。

価格 6,300円(1.8kgの定価)
評価 評価4.5
備考 グレインフリー/人口添加物無添加/高たんぱくで尿結石を予防/材料はヒューマングレード

ジャガーキャットフードの特徴

毛玉や食べ物を吐いてしまう子に最もおすすめなのはジャガーです。ジャガーはグレインフリーで非常に高たんぱくなキャットフードです。肉食の猫にとっては消化に優しく、満腹感を得られやすいため、過剰な食べ過ぎやガッツキを予防し、吐き戻しの改善効果が期待できます。少し脂質が高めなので、合わないようならモグニャンなどの低脂質のものも試してみましょう。

価格 4,280円(1袋1.5kg)
評価 評価4
備考 子猫~シニアまで対応/高たんぱくで尿結石を予防/アレルギー対応/人口添加物不使用/材料はヒューマングレード

カナガンキャットフードの特徴

カナガンキャットフードは脂質が高めの20%です。グレインフリー(穀物不使用)でアレルゲンとあるたんぱく源が少ない為、アレルゲンはチキンだけ気を付けていれば大丈夫です。全体の70%に動物性蛋白源を使っていて、たんぱく質の割合は37%と高たんぱくな作りになっています。猫が消化を苦手とする炭水化物が少ないのでお腹に優しいつくりになっています。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価3.5
備考 チキンを60%以上使用・完全無添加・穀物不使用で消化に優しい・徹底した品質管理・高たんぱくで脂質とのバランスも◎

シンプリーキャットフードの特徴

シンプリーキャットフードは全体の73%に魚を使った魚ベースのキャットフードです。脂質は20%、たんぱく質は37%でグレインフリーなので消化に優れています。メインはサーモンなんですが、ニシンやマスなど他の魚も使っているので、少し魚系のアレルギーに気を付けた方が良いです。

価格 3,960円(1袋1.5kg)
評価 評価3
備考 グレインフリー/着色料・香料不使用/・遺伝子組み換え原材料不使用

毛玉や食べ物を吐く猫のキャットフード選びで迷ったらおすすめはコレ!

食べ物を吐く猫にモグニャンがおすすめな理由
  • 安全で高品質な白身魚を全体の63%使用
  • グレインフリー(穀物不使用)でお腹に優しい
  • アレルゲンになり易いのは白身魚(タラ)だけ
  • 香料・着色料不使用で安心
  • 初回半額で試しやすい

 

モグニャンキャットフードは人間も食べられる高品質な白身魚を使っています。穀物は不使用なので、穀物にアレルギーがある子でも安心して食べられます。

 

また、アレルゲンになり易い食材はメインである白身魚(タラ)だけなので、色々な食材にアレルギーがある子でも食べられる可能性が高いです。消化の妨げになる着色料や香料などの添加物も使っていません。

 

また、初回のみ半額で試せるので、「食べてくれるか分からない」・「吐くのが収まるか分からない」状況でも購入し易いいです。

 

モグニャンは、粗悪な材料を使っている可能性が高い市販キャットフードを食べている子で、ご飯を食べた後に吐いてしまう子に試して欲しいキャットフードです。

 

 

 

毛玉を吐く猫にはどんなキャットフードがおすすめ?

 

不溶性食物繊維

水溶性食物繊維

メリット

  • 腸内の毛を絡めとる
  • 腸内で溶けない
  • 腸の動きを活発にする
  • 整腸効果
  • 便の滑りをよくする
  • 便を柔らかくする
  • 整腸効果
  • 糖の吸収を抑える

デメリット

  • 便が大きくなる
  • 多すぎると便秘の原因になる
  • 多すぎると消化・吸収の邪魔になる
  • 多すぎると下痢になる
  • 多すぎると消化・吸収の邪魔になる

多く含む食材

  • トウモロコシ・小麦などの穀物
  • きのこ・豆類
  • リンゴ・みかんなどの果物
  • 昆布・わかめなどの海藻
  • 大豆や大麦など

 

上記は食物繊維の簡単な説明です。キャットフードの成分表に書かれている「粗繊維」とは、簡単に言ってしまうと猫のお腹の中で消化・吸収されず、便と一緒に出てくる「不溶性食物繊維」のことです。

 

水溶性の食物繊維は果物や海藻などに多く含まれていて、便を柔らかくし便の滑りを良くしてくれます。ロイヤルカナンは公式サイト上で「粗繊維」とは別に「食物繊維(不溶性と水溶性を足した値)」を公表していますが、そこまでしているメーカーは少ないです。

 

不溶性繊維が偏って多いと、かえって便秘を悪化させる可能性があります。「毛玉ケア」や「ヘアボールケア」などと書かれているフードを選ぶ時は、果物やイモ類・海藻など水溶性繊維が豊富な食材が使われたものを選ぶと良いでしょう。

 

ささみのゆで汁を寒天で固めたものをおやつとして与えると、低カロリーで水溶性繊維と水分を効率良く取れるのでおすすめです。

 

市販の「毛玉ケアに配慮したキャットフード」を選ぶ時の注意点は?

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

「ビートパルプ」や「セルロース」など生成した繊維質を使ったキャットフードは避けた方が良いでしょう。「ビートパルプ」はテンサイという砂糖大根から砂糖成分を絞ったあとのカス(副産物)です。

 

これには水溶性食物繊維も含まれていますが、テンサイという植物は害虫に弱くて栽培中に農薬を使うのが一般的です。また、テンサイが遺伝子組み換えの場合もあります。

 

「セルロース」は植物に含まれる不溶性食物繊維です。もちろん、過剰な量を添加している訳ではなく、腸内に溜まった毛玉を便と一緒に排泄する程度に使用されています。

 

ただし、前項でもまとめたように不溶性繊維だけに偏るとかえって便秘になり、毛玉を排泄できなくなるリスクもあります。

 

その為、毛玉に配慮したフードを選ぶ時は、モグニャンやオリジンのように不溶性食物繊維だけでなく、水溶性食物繊維を豊富に含む食材を使用したフードを選ぶと良いでしょう。

 

餌以外に飼い主ができる「毛玉ケア」対策は?

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

毛玉を吐いてしまう猫にもっとも効果的な対策は定期的なブラッシングです。ブラッシングによってあらかじめ抜け毛を除去し、グルーミング時に飲み込んでしまう毛を減らすことができます。

 

換毛期は特に念い入りに、可能であれば朝晩2回行えるとベストです。長毛種は毛が長い分絡まり易く、自然と抜け落ちる量が少ないです。その為、グルーミングで飲み込む毛の量が増えます。一般的な子よりも念入りなブラッシングが必要です。

 

猫が毛玉や餌やご飯を吐く原因と対策方法」では毛玉と食べ物をを吐く原因と対策についてまとめました。病気が原因で毛を飲み込む量が多くなることもあるので、しっかりと原因と対策をチェックしておきましょう。

 

まとめ


毛玉と食べ物を吐く猫におすすめのキャットフードと、選び方についてまとめました。毛玉と食べ物では猫が吐く原因や対策方法が変わってきます。食べ物を吐いてしまう場合は、こちらのページを参考にキャットフードを変えてみてあげましょう。

 

毛玉についてはブラッシングが不十分であるケースが多いです。安易に毛玉ケアフードにするのではなく、まずはブラッシングなど飼い主ができる対策をしてあげましょう。

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

関連ページ

猫のくしゃみ・鼻水・咳の対策におすすめなキャットフード
猫のくしゃみ・鼻水・咳って何が原因か知っていますか?ここではくしゃみ・鼻水・咳などの症状に悩まされている猫の為に、おすすめなキャットフードと対策方法をご紹介していきます。
血便の猫におすすめなキャットフード
血便が出てしまった場合、まずは症状を良く見てから動物病院へ相談・連れていってあげましょう。ここでは猫の消化に優しいおすすめキャットフードをご紹介していきます。
便秘気味の猫におすすめなキャットフード
猫の便秘には色々な原因がありますが、最近はキャットフードが原因で便秘気味になる猫が多いようです。ここでは便秘気味な子におすすめのキャットフードをご紹介していきます。
猫の尿路結石の予防におすすめなキャットフード
猫の尿路結石を予防するには高たんぱくなキャットフードがおすすめです。ここではそんな高たんぱくなおすすめキャットフードをご紹介していきます。フードだけでなく普段の生活(水分摂取量)も気をつけてあげましょうね。
下痢気味の猫におすすめなキャットフード
下痢気味の猫はキャットフードが原因の場合もあります。キャットフードを切り替えてみても下痢が続くようなら病気の可能性もあるので病院に連れていってあげましょう。ここでは下痢気味の猫におすすめのキャットフードを紹介していきます。