毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

MENU

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

毛玉を吐くこと自体は猫にとって正常な働きなので、わざわざキャットフードで予防する必要は無く、むしろ毛玉を吐きたくても吐けないことの方が問題となります。ここでは毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフードの選び方やおすすめのキャットフードについて詳しくご紹介していきます。

 

 

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード【目次】

 

毛玉や食べ物を吐く子におすすめなキャットフードの選び方【3つのポイント】


毛玉を吐くこと自体は問題では無い(むしろ毛玉を吐きたいのに吐けない方が深刻です)為、ここでは主に食べ物を吐いてしまう場合のキャットフード選びについてご紹介していきます。

 

脂質の量は適正か

脂質は成猫で15~20%程度が適正と言われていますが、やはり年齢やその子の体質によっては多すぎることもあります。10~20%の間で少しずつ脂質の少ないものに切り替えてあげると吐き戻しが収まることがあります。

 

アレルゲンが少ないものを選ぶ

ご飯を食べた後に定期的に吐き出すようなら、食物アレルギーの可能性があります。特に穀物類は猫にとって消化が難しく、アレルゲンになりやすい食材です。

 

カナガンやナチュラルチョイスのように「グレインフリー(こ穀物不使用)」のものを選ぶか、ロイヤルカナンやサイエンスダイエットが出しているようなたんぱく質を予め消化しやすくしてあるフードのどちらかを選びます。

 

肉材料を沢山使った高たんぱくなフードを選ぶ

高品質な肉材料を使った高たんぱくなフードをあげることで、消化・吸収が早く、食べながら満腹感を得られるので必要以上に食べなくなります。その為、がっついた後にお腹の中で膨らんで吐き出すことが減ります。

 

 

毛玉や食べ物を吐く猫用キャットフードの選び方早見表


上記で挙げた3つのポイントを踏まえた上で、実際にサイト内でレビューもしているフードの比較表を作ってみましたのでキャットフード選びの参考にしてみて下さい。

メーカー名

脂質の量

(10~20%)

穀物不使用

肉材料の割合と

たんぱく質の量

カナガン

20%

肉材料:70%以上

たんぱく質:37%

シンプリー

20%

魚が73%以上

たんぱく質:37%

モグニャン

16%

魚が63%以上

たんぱく質:30%

ジャガー

20%

肉材料:80%以上

たんぱく質:40%

ファインペッツ

21%以上

×

不明

たんぱく質:32%以上

ロイヤルカナン

10%以上

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:32%以上

サイエンスダイエット

6.5~11%

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:29%以上

ピュリナワン

13%以上

×

不明

たんぱく質:40%以上

アイムス

13%~15.5%

×

不明

たんぱく質:32%以上

シーバ

17%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

ナチュラルチョイス

16%以上

グレインフリー有り

不明

たんぱく質:33%以上

銀のスプーン

14%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

ねこ元気

8.1%以上

×

不明

たんぱく質:29%以上

カルカン

10%以上

×

不明

たんぱく質:28%以上

ファーストチョイス

15%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

オリジン

20%以上

動物性たんぱく質64%以上

たんぱく質:42%以上

アズミラ

11%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

アニモンダ

12%

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:32%

ソリッドゴールド

12%

低アレルギー食有り

不明

たんぱく質:34%以上

ドクターズダイエット

11%以上

×

不明

たんぱく質:31%以上

キャラットミックス

8.1%以上

×

不明

たんぱく質:23.4%以上

モンプチ

16%以上

×

不明

たんぱく質:32%以上

メディファス

11%以上

×

不明

たんぱく質:28%以上

アミ(Ami)

11.19%

×

不明

たんぱく質:33.2%以上

ロータス

19%以上

×

不明

たんぱく質:35%以上

ユーカヌバ

21%以上

×

不明

たんぱく質:34%以上

ザナベレ

16%

×

20%以上

たんぱく質:31%

ヤラー

14.5%

グレインフリー有り

不明

たんぱく質:32%

アーテミス

20%以上

グレインフリー有り

不明

たんぱく質:30%

いなば

8.5%以上

×

不明

たんぱく質:28%以上

カークランド

20%以上

×

不明

たんぱく質:30%以上

※カナガンとシンプリー以外は肉食材をどれだけ使っているかの表記がありません。

 

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめのキャットフードランキング

ジャガーの特徴

毛玉や食べ物を吐いてしまう子に最もおすすめなのはジャガーです。ジャガーはグレインフリーで非常に高たんぱくなキャットフードです。肉食の猫にとっては消化に優しく、満腹感を得られやすいため、過剰な食べ過ぎやガッツキを予防し、吐き戻しの改善効果が期待できます。少し脂質が高めなので、合わないようならシンプリーなどの低脂質のものも試してみましょう。

価格 4,280円(1袋1.5kg)
評価 評価5
備考 子猫~シニアまで対応/高たんぱくで尿結石を予防/アレルギー対応/人口添加物不使用/材料はヒューマングレード

 

シンプリーキャットフードの特徴

これまでは穀物が含まれていたんですが、2016年9月のリニューアルでグレインフリーに生まれ変わりました。これまではヘルシーなイメージが強かったシンプリーですが、グレインフリーになったことで魚を全体の73%も使用し、たんぱく質・脂質の割合も増えました。カナガン同様に穀物の変わりにサツマイモをたっぷりと使っているので消化に良く、オリゴ糖の配合で排泄を助けます。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価45
備考 魚を全体の73%も使用・完全無添加・低脂質でヘルシー・グルコサミンとコンドロイチン配合・オリゴ糖配合

 

カナガンキャットフードの特徴

無添加・グレインフリー(穀物不使用)・チキンを60%以上使用(動物性の肉材料としては70%)・穀物の代わりにサツマイモを使用など、全ては猫の健康の為に必要な食材を贅沢に使ったプレミアムキャットフード。穀物が一切含まれていないので猫にとっては消化・吸収が良く満腹感を得られやすいのが特徴。脂質は健康な子に対して充分な値なのでもしカナガンで食後に決まって吐き出すようなら脂質の低いものに替えてみるのが良いでしょう。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価4
備考 チキンを60%以上使用・完全無添加・穀物不使用で消化に優しい・徹底した品質管理・高たんぱくで脂質とのバランスも◎

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

毛玉や食べ物を吐く猫におすすめなキャットフード

関連ページ

猫のくしゃみ・鼻水・咳の対策におすすめなキャットフード
猫のくしゃみ・鼻水・咳って何が原因か知っていますか?ここではくしゃみ・鼻水・咳などの症状に悩まされている猫の為に、おすすめなキャットフードと対策方法をご紹介していきます。
血便の猫におすすめなキャットフード
血便が出てしまった場合、まずは症状を良く見てから動物病院へ相談・連れていってあげましょう。ここでは猫の消化に優しいおすすめキャットフードをご紹介していきます。
便秘気味の猫におすすめなキャットフード
猫の便秘には色々な原因がありますが、最近はキャットフードが原因で便秘気味になる猫が多いようです。ここでは便秘気味な子におすすめのキャットフードをご紹介していきます。
猫の尿路結石の予防におすすめなキャットフード
猫の尿路結石を予防するには高たんぱくなキャットフードがおすすめです。ここではそんな高たんぱくなおすすめキャットフードをご紹介していきます。フードだけでなく普段の生活(水分摂取量)も気をつけてあげましょうね。
下痢気味の猫におすすめなキャットフード
下痢気味の猫はキャットフードが原因の場合もあります。キャットフードを切り替えてみても下痢が続くようなら病気の可能性もあるので病院に連れていってあげましょう。ここでは下痢気味の猫におすすめのキャットフードを紹介していきます。