0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

MENU

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

0~6ヶ月間というのは猫にとって「授乳期」「離乳期」が混ざる期間です。基本的に0~2ヶ月の間は母猫が居て、子育てをしているならわざわざ人間が手を出すべきではありません。もし母猫が育児放棄してしまった場合などは栄養価の高いゴート(ヤギ)ミルクなどを人肌に冷ましたものをあげていきます。

 

生後30~40日くらいで離乳食(キャットフードをお湯やささみ肉のゆで汁などでふやかしたもの)を食べられるようになります。ここでは0~6ヶ月の子猫用ににおすすめなキャットフードとそのポイントについて詳しくご紹介していきます。

 

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード【目次】

 

0~6カ月の子猫用キャットフードを選ぶ【3つのポイント!!】

動物性たんぱく質が豊富に含まれている

市販のキャットフードの中には「仔猫用」も売られれていますが、わざわざ「仔猫用」を買わなくても栄養価(たんぱく質・脂質・カロリー)が高めのフードであれば「成猫用」でも問題ありません。子猫のうちは一度に沢山食べられないので出来るだけ栄養価が高いものを選んであげましょう。

 

この時期はその子の体を作る大切な時期であると同時に、まだ消化能力も低い為、原材料の欄に動物性たんぱく質(肉や魚)が一番左にきている(沢山使われている)ものを選んであげましょう。

 

穀物が出来るだけ少ないものを選ぶ

猫は穀物を食べられない訳ではありませんが、肉食の猫にとっては「必要とせず消化を苦手とする」為、出来れば食べなくても良い食材です。使われている量の目安についてはキャットフードの「原材料」に左から多く使われている順番に書かれています。

 

なので左から3番目以内に穀物が含まれているとすると穀物が沢山使われているフードと思って貰って良いです。

 

選ぶならやっぱり安心・安全の「無添加」

添加物の中には、危険性が認められているにも関わらず「ペットフード」という理由で基準が緩くなっているものがあります。

 

人間よりも体が小さい猫、その子達が食べるキャットフードに、人間の150倍もの基準が設定されている添加物もあります。消化器官への影響や涙やけ・毛ヅヤなど、その影響は様々で遺伝子レベルでの危険性を騒がれているものもあります。添加物は出来るだけ天然由来の成分を使ったものを選んであげましょう。

 

 

0~6カ月の子猫におすすめのキャットフードを比較


上記で挙げた3つのポイントを踏まえた上で、実際にサイト内でレビューもしているフードの比較表を作ってみましたのでキャットフード選びの参考にしてみて下さい。

メーカー名

動物性たんぱく質

(多い=◎)

穀物の量

(少ない=◎)

添加物の種類

(少ない=◎)

カナガン

シンプリー

モグニャン

ジャガー

ファインペッツ

ロイヤルカナン

〇(※2)

〇(1種類使用)

サイエンスダイエット

〇(※2)

ピュリナワン

〇(4Dミール※1)

アイムス

〇(※2)

シーバ

×(4D・副産物※1)

×

〇(1種類使用)

ナチュラルチョイス

銀のスプーン

×

×

×(4種類使用)

ねこ元気

×

×

×(4種類使用)

カルカン

×

×

×(6種類使用)

ファーストチョイス

〇(※2)

オリジン

アズミラ

アニモンダ

×

ソリッドゴールド

ドクターズダイエット

×

×

キャラットミックス

×

×

×(5種類)

モンプチ

×

×

×(4種類)

メディファス

×

×

アミ(Ami)

×

×

ロータス

ユーカヌバ

ザナベレ

ヤラー

アーテミス

いなば

×

×

カークランド

△(調味料?)

※1、キャットフードの原材料に書かれている添加物はキャットフードを作る最中に添加されたものだけです。4Dミール・副産物・廃棄物などには添加物や残留農薬が混ざっている可能性がありますが、それらが混ざっていても、表示義務はありません。
※2、肉材料を多く使っていそうに見せていますが、実際は穀物の方が多いのを隠そうとしているメーカーです。

 

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフードランキング

カナガンキャットフードの特徴

無添加・グレインフリー(穀物不使用)・チキンを60%以上使用・穀物の代わりにサツマイモを使用など、全ては猫の健康の為に必要な食材を贅沢に使ったプレミアムキャットフード。穀物は消化に悪い為、仔猫のうちは消化能力も低く、特にアレルギーを起こしやすい食材です。この1歳までの間だけでも無添加で具レインフリーのものを選んであげましょう。

価格 3,960(1.5㎏)円
評価 評価5
備考 チキンを60%以上使用・完全無添加・穀物不使用で消化に優しい・徹底した品質管理・高たんぱくで脂質とのバランスも◎

 

シンプリーのおすすめポイント

2016年9月のリニューアルで完全にグレインフリーのキャットフードとして生まれ変わったことで、動物性たんぱく質の量が大幅に増えました。全体の73%は動物性の肉材料を使っています。穀物・人口添加物を一切使っていないので子猫にも安心して食べさせることができます。これまでは少量ではありますが穀物が含まれている為に試せなかった方も安心してあげることができます。

価格 3,960円(1袋1.5kg)
評価 評価45
備考 グレインフリー/低カロリー/関節ケア/毛玉ケア/添加物・着色料・保存料・遺伝子組み換え原材料不使用/

 

ジャガーの特徴

ジャガーはカナガンよりも高たんぱくで肉材料も80%以上使用しています。消化能力が低い子猫でも安心してあげられるプレミアムフードですが、カナガン・シンプリーよりも若干割高の為3位となりました。骨や体を作る大切な時期にはカナガンやジャガーなどの高たんぱく・高品質(肉材料比率が多い)のキャットフードを食べさせてあげましょう。

価格 4,280円(1袋1.5kg)
評価 評価4
備考 子猫~シニアまで対応/高たんぱくで尿結石を予防/アレルギー対応/人口添加物不使用/材料はヒューマングレード

 

仔猫用キャットフードのQ&AⅠ:「仔猫用」と「成猫用」って何が違うの?


キャットフードにはライフステージ別に「仔猫用」や「成猫用」といった種類があります。ただ、「仔猫用」と書かれているからなんとなくで選んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

「仔猫用」と「成猫用」の最も大きな差は「カロリー量」です。仔猫は生後40日頃から離乳食を始め、早い子では生後100日頃にはドライフードを食べ始めます。

 

この頃はまだ乳歯から永久歯に生え変わる時期なので、もし食べづらそうならお湯でふやかしてあげるなどの工夫をしてあげましょう。

 

生後5か月後には歯もしっかりと生えそろい、顎も十分成長する為ドライフードを食べられるようになります。ただ、体全体の成長はまだ止まっていません。

 

一般的な仔猫の成長は1歳頃まで続きます。(大型種の場合は2歳くらいまで続く)その為、この頃にしっかりと栄養(カロリー)の高いものを食べてしっかりと体を作らなきゃいけません。

 

その為に「成猫用」と比べるとカロリーが高めに作られているんです。ただ、市販の安い「仔猫用」は穀物を使ってとにかく「安く!カロリーを高く!」を優先して作られています。

 

その為、消化能力がまだ十分に成長していない仔猫にとっては消化・吸収がしづらいものがほとんどです。良いフードはやはりそれなりの値段がします。

 

金銭的に厳しくてもできれば1歳までは、上記で紹介したような、肉材料がたくさん使われた消化・吸収に優れるプレミアムフードで丈夫な体を作ってあげて欲しいと思います。

 

仔猫用キャットフードのQ&AⅡ:「仔猫用」キャットフードはいつまであげればいいの?


一般的には猫は1歳で、人間で言う成人と同じ状態になります。つまり成長は止まるのでドライフードが食べられるようになる生後3~5カ月から1歳までは仔猫用をあげます。

 

ただ、これはあくまで一般的な仔猫の場合です。猫といっても種類は様々(私が知る限りでも100種以上)で、中には成猫になっても2.5~4キロくらいの種類もいれば9キロくらいまで成長する種類もいます。

 

やはり大型種になるとゆっくりと成長することが多く、完全に成長が止まるまで2年ほどかかることもあります。ここでは代表的な種類に限って、成長が止まるまでの年齢と体重をご紹介します。

 

「成長速度」と「体重」は種類ごとの凡その目安として考えて下さい。金銭的に大変ではありますが、成長速度が遅い晩成の子は1.5~2歳くらいまでは消化・吸収に優れたキャットフードをあげて欲しいと思います。

 

タイプ 猫種名 成長速度(凡その目安) 体重
大型種 メインクーン 晩成(2歳まで) 4~9キロ
ラグドール 晩成(2~3歳まで) 4~9キロ
サイベリアン 晩成(2~3歳まで) 4~9キロ
ラガマフィン 晩成(3~4歳まで) 4~9キロ
ノルウェージャンフォレストキャット 中~晩成(1.5~2際) 3.5~8キロ
中型種 ペルシャ 中成(1~1.5際) 3~6.5キロ
ヒマラヤン 中成(1~1.5際) 3~6.5キロ
アメリカンショートヘアー 中成(1~1.5際) 3.5~6.5キロ
エキゾチックショートヘア 中成(1~1.5際) 3~6.5キロ
キムリック 中成(1~1.5際) 3~6キロ
スコティッシュフォールド 中成(1~1.5際) 3~6キロ
ソマリ 中成(1~1.5際) 2.5~5.5
小型種 ロシアンブルー 早成(1最) 2.5~5キロ
ターキッシュアンゴラ 早成(1最) 2.5~4キロ
アビシニアン 早成(1最) 2.5~4キロ
アメリカンカール 早成(1最) 2.5~4キロ
シャム 早成(1最) 2.5~4キロ

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

0~6カ月の子猫用おすすめキャットフード