アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

MENU

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

食物アレルギーの疑いがある場合は、まずは動物病院でアレルギー検査を受けて、何に対してアレルギーがあるのかを確認しましょう。

 

アレルゲンが特定できたら、そのアレルゲンが入っていないキャットフードを選ぶことで食物アレルギーの症状を抑えることができます。

 

アレルゲンの特定と共に、アレルゲンに対してどれくらい敏感なのか?といったことも検査で分かるので、アレルギーがあっても少量であれば食べられるケースもあります。

 

ここではアレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキングをご紹介します。

 

 

ビートパルプ不使用なキャットフードの選び方【3つのポイント】

良質な動物性たんぱく源をつかったものを選ぶ

「〇〇ミール」や「〇〇肉副産物」といったものは羽や足・毛皮・ヒヅメなど、消化に悪い部位が含まれています。

 

これらもたんぱく源となる為、消化に悪い為アレルギー症状を起こしやすくなります。肉部分の割合が多いキャットフードを選びましょう。

 

穀物不使用のものを選ぶ

もともとは動物系のたんぱく質だけにアレルギーを持っていた子でもアレルギー体質の子は、食物アレルギーになり易く、消化に悪い穀物を大量に食べ続けることで穀物に対してもアレルギーを発症する可能性が高いです。

 

穀物不使用のものか、ロイヤルカナンのような加水分解されたキャットフードを選びましょう。

 

メインの肉食材が2種類以上のものを選ぶ

アレルギーは同じたんぱく質を食べ続けることで発症します。その為、チキンのみ使ったものではなく、チキンとサーモンなど、メインの材料がいくつも入っていればそれだけアレルギーを起こしにくくなります。

 

この場合、「原材料欄に何がどれだけ入っているのか」が書かれているものを選ぶのがベストですが、実際に公表しているメーカーはほとんどありません。

 

アレルギー対応キャットフードの選び方ポイント毎の比較表

メーカー名

良質な肉材料

穀物不使用

メイン材料の割合

カナガン

肉部分のみ使用

チキン62.8%

シンプリー

肉部分のみ使用

サーモン31%その他魚34%

モグニャン

特に記載無し

白身魚63%

ジャガー

特に記載無し

チキン・鴨・サーモン(割合は不明)

ファインペッツ

肉部分のみ使用

×

アヒル・ニシン(85%)

ロイヤルカナン

特に記載無し

△(療法食あり)

鶏・七面鳥(割合は不明)

サイエンスダイエット

特に記載無し

△(療法食あり)

チキン・ターキー(割合は不明)

ピュリナワン

特に記載無し

×

ターキー・チキン(割合は不明)

アイムス

特に記載無し

×

チキン・ターキー他(割合は不明)

シーバ

特に記載無し

×

チキン・豚(割合は不明)

ナチュラルチョイス

特に記載無し

△(グレインフリーあり)

チキン・サーモン(割合は不明)

銀のスプーン

特に記載無し

×

豚・牛・チキン(割合は不明)

ねこ元気

特に記載無し

×

豚・牛・チキン(割合は不明)

カルカン

特に記載無し

×

チキン(割合は不明)

ファーストチョイス

特に記載無し

×

チキン(割合は不明)

オリジン

肉部分やレバーなど

チキン44%・その他

アズミラ

肉部分のみ使用

×

チキン(割合は不明)

アニモンダ

特に記載無し

×

鴨・七面鳥・チキン(割合は不明)

ソリッドゴールド

特に記載無し

×

ラム・チキン(割合は不明)

ドクターズダイエット

特に記載無し

×

豚・魚(割合は不明)

キャラットミックス

特に記載無し

×

チキン(割合は不明)

モンプチ

特に記載無し

×

チキン・ターキー他(割合は不明)

メディファス

特に記載無し

×

チキン他(割合は不明)

アミ(Ami)

特に記載無し

×

なし

ロータス

肉部分のみ使用

×

チキン(割合は不明)

ユーカヌバ

特に記載無し

×

チキン(割合は不明)

ザナベレ

肉部分のみ使用

チキン20%以上

ヤラー

特に記載無し

チキン(割合は不明)

アーテミス

肉部分のみ使用

△(グレインフリー有)

チキン(割合は不明)

いなば

特に記載無し

×

チキン・豚(割合は不明)

カークランド

特に記載無し

×

チキン(割合は不明)

 

 

アレルギー対応キャットフードのおすすめキャットフードランキング

シンプリーのおすすめポイント

シンプリーキャットフードは骨抜きサーモン31%・乾燥ニシン12%・乾燥サーモン11%・乾燥白身魚6.5%・生マス4.65%を使った贅沢な魚ベースのキャットフードです。穀物は不使用なので、食物アレルギーを持っている子や消化能力が低い仔猫・シニア猫も安心して食べられます。サーモンをメインに他の白身魚・青魚を使用しているので、サーモンにアレルギーが無い子であれば、おすすめのキャットフードです。

価格 3,960円(1袋1.5kg)
評価 評価5
備考 グレインフリー/低カロリー/関節ケア/毛玉ケア/添加物・着色料・保存料・遺伝子組み換え原材料不使用/

 

オリジンキャットフードの特徴

オリジンキャットフードはチキン48%・ニシン7%・七面鳥7%・卵3%・生魚6%・乾燥サーモン3%を使用した贅沢なキャットフードです。魚は皮のままですが、チキンは「骨抜き」またはレバーなどが使われていて、とても消化に良いキャットフードです。穀物不使用なのでチキンにアレルギーが無い子であればおすすめのキャットフードです。

価格 7,344(2.27㎏)円
評価 評価4
備考 穀物不使用・高たんぱく・高脂質・高カロリー+無添加のキャットフード

 

カナガンキャットフードの特徴

カナガンはチキンの肉部分を62.8%使用したグレインフリーのキャットフードです。穀物不使用なので、穀物にアレルギーがある子でも安心して食べられます。また、市販のキャットフードと違い、羽やクチバシなどの消化に悪い部位は使用せず、肉部分のみを使っているのでチキンの割合は高いですが、市販のキャットフードと比べればアレルギーを起こしにくいです。

価格 3,960円(1袋1.5kg)
評価 評価3
備考 チキンを60%以上使用・完全無添加・穀物不使用で消化に優しい・徹底した品質管理・高たんぱくで脂質とのバランスも◎

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

アレルギー対応キャットフードの選び方&おすすめランキング