チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

MENU

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

キャットフードの原材料欄を見ているとよく「チキンミール」という単語を見かけます。これって何のことだかご存知ですか?

 

「チキンミール」という言葉自体にはきちんとした定義がありません。なので一言にチキンミールと言っても中身はピンキリなんです。

 

ここではキャットフードに使われるチキンミールの裏話をご紹介します。

 

 

 

チキンミールって何?なんでキャットフードに使われているの?

AFFCOでは「ミートミール」のことを以下のように定義付けています。

 

血液、毛、ひづめ、角、くず皮、糞、胃、ルーメン(ただし、含有物を除く)部分を精製したもの(脂肪を除いたもの)。 カルシウムの含有量がリンの2.2倍を超えていないもの。 ペプシン(胃液に含まれる消化酵素)で消化できない残留物が12%以下で、また精製されたものの中の、ペプシンで消化できない粗たんぱく質が9%以下であること。

 

「チキンミール」についてはきちんとした定義が見つかりませんでしたが、ミートミールが色々な動物であるのに対してチキンミールは「鶏肉だけを使ったミール」と考えて貰えば良いです。

 

なのでチキンミールでは「毛=羽」・「ひづめ=足」・「角=トサカ」などが含まれたものです。因みに、ここで取り除かれた脂肪は「動物性脂肪・脂質」などの表示で使用されます。

 

人間は食べることが無いので、こんなものが入っていると思うとゾっとしますが、羽も足もたんぱく質ですし、トサカはコラーゲンが豊富です。

 

ものとしては「茶色い粉末」と思って貰えれば良いです。これは高温・高圧で一度粉末にし、水と混ぜてキャットフードのつなぎとしても使われる為です。

 

結局チキンミールって良いの?悪いの?

【危険がいっぱい】恐怖のチキンミール

チキンミールにどんなものが使われているのかは上記で説明した通りです。ただ、食べられる部位を使っているからといって安心できる訳ではありません。

 

最近ではカナガンのように「平飼チキン」やオーガニックのチキンを使用するフードもありますが、一般的なチキンは鳥インフルなどの病気を防ぐ為に大量の抗生物質や成長ホルモンが使われています。

 

チキンミールの危険性Ⅰ:レンダリング工場での加工

レンダリング工場とは、チキンミールって何?で紹介した加工・調整工場です。もちろん自社工場でチキンミールに加工するペットフードメーカーもありますが、ごく一部の「上質なチキンミール」を使うメーカーだけです。

 

基本的には「チキンミール」の状態で仕入れたものを使います。レンダリング工場は何も「チキンミール」だけを作っている訳ではなく、「ミートミール」やさらにひどいものも作っています。

 

  • 狂牛病やがんで死亡した動物
  • 道で車に跳ねられて死んでしまった動物
  • 保健所などで安楽死させられた動物
  • スーパーなどの廃棄肉がトレー毎

 

衝撃的ですが、上記のような動物をブルドーザーで大きな窯に入れて加工します。とにかく安く済ませる為に一度に大量に加工する必要があります。

 

なのである程度の量が貯まるまで置いておかなければいけないので、最初に持ち込まれたものは腐敗が進んでしまいます。

 

なので大量の防腐剤を使い、腐敗を止めますがそれでもウジが沸いてしまったりします。中にはノミ取り用の首輪や殺鼠剤を食べてしまい死んでしまった子もいます。が、それらもお構いなしに窯に入れて加工されます。

 

そもそも人が食べる訳では無いのでこんな扱いをされている訳ですが、そんなところがきちんと清掃し、きれいな状態でチキンミールの加工をすると思いますか?

 

つまり防腐剤やプラスチック・殺虫剤なんかが入っている可能性があるということです。

 

チキンミールの危険性Ⅱ:表記の問題

チキンミールに上記のような問題があるにも関わらず、ペットフードメーカーはチキンミールを仕入れて使っている場合、「チキンミール」とだけ表示すれば良いのです。

 

この辺りが緩いところで、原材料欄に記載が必要なのは「製造・加工する際に入れたもの」だけで良いというのが現在の法律です。

 

なのでチキンミールに何が入っていようと、レンダリング工場から「茶色い粉末」を仕入れて使う分には「チキンミール」とだけ表示していれば良いんです。

 

「チキンミール」って書いてあると消費者としては「鶏肉を使っているのか」と思ってしまいます。確かに鶏肉も入っていますが、それ以外の危険がたくさん詰まっていることを忘れてはいけません。

 

「上質なチキンミール」もある

もちろん、全ての「チキンミール」が上記で挙げたような粗悪なものではありません。例えば上記は「アズミラ クラシックフォーミュラ」の原材料です。

 

チキンミールが最も多く使われていることが分かりますね、アズミラが使っているチキンミールは水分を除いたチキン(肉部分)で、水分を取り除くことでより高たんぱくになる為にチキンミールを使っています。

 

生肉を使うと、水分量が多くキャットフードになった際にたんぱく質の割合が減ってしまう為、水分を取り除いた鶏の肉部分だけを使ったチキンミールを使うペットフードメーカーもあります。

 

また、ロータスについてもチキンミールを使っていますが、「ミール」に副産物を使っていないと書かれています。

 

「上質なチキンミール」を使ったキャットフードか見分ける方法は?

チキンミールに副産物が使われているか見分ける判断基準

評価

「チキンミール」ではなく「乾燥チキン」と書かれている
公式サイト内に「副産物不使用」が書かれているか
食材の状態で仕入れて全て自社工場で加工しているか
「動物性脂質・油脂」などが使われている
穀物の割合が多い
着色料や化学合成された酸化防止剤を使っている
価格が1㎏千円以下 ×
「チキンミール」以外の4Dや〇〇副産物が使われている ×

 

原材料に「チキンミール」という表示があった場合、それが本当に安心して食べられるものなのか見分ける方法としては上記を注意してみて下さい。

 

カナガンのように生・乾燥それぞれ肉部分のみを使い、全て自社工場で加工しているキャットフードは安全性が高いです。

 

基本的に安いものや安く作る為に粗悪な材料が使われているキャットフードは、危険性が高いと思って下さい。

 

また、確実なのはメーカーに直接聞いてみることです。「高品質なチキンミール」を使ったメーカーは「~(例:肉部分しか使ってない)だから大丈夫」ときちんと回答してくれます。

 

逆にチキンミールの質を把握していない・粗悪なチキンミールを使っているメーカーは歯切れの悪い回答しか返ってきません。

 

チキンミールを使っている安全なおすすめのキャットフードは?

安全なキャットフードを見極める場合チキンミールの使用というよりも、ペットフード会社の質によって選ぶ方が正確です。

 

その為には「添加物の使用」や「穀物の使用」・「副産物など粗悪な材料の使用」があるか見分けていく方が確実に安全性を把握できます。

 

当サイトで紹介している30社のメーカー毎にそれらの使用があるか、全て確認した表を作ったので宜しければキャットフード選びの参考にしてみて下さい。

 

 

目的別おすすめキャットフード【選び方】

子猫 0~6カ月 成猫 1~6歳 高齢猫 7歳~

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

肥満 痩せ気味・食べない 症状・病気別

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

無添加で安全 安い市販のもの ウェット

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界

>>クリック

3匹の愛猫で有名なキャットフードを食べ比べました!

チキンミールって何?知らなきゃ怖いキャットフードの世界